【スマート特派員】ウォズニアック氏が語る「発見」の瞬間–アップル40年の歴史の幕開け

アップル初のコンピュータ「Apple I」が誕生してから40年。その重大なきっかけとなった「ホームブリュー・コンピュータ・クラブ」との出会いを、スティーブ・ウォズニアック氏が語る。

情報源: ウォズニアック氏が語る「発見」の瞬間–アップル40年の歴史の幕開け

ウォズニアック氏が語る「発見」の瞬間–アップル40年の歴史の幕開け

Steve Wozniak氏といえば、Appleの共同創設者でありカリスマ的なリーダーだった故Steve Jobs氏のオタクな相棒、という印象が強いかもしれない。だが、「Woz」がいなければ、Appleは存在していなかっただろう。

 また、シリコンバレーのホームブリュー・コンピュータ・クラブ(Homebrew Computer Club)がなかったら、内気なWozはApple初のコンピュータApple Iを人前で紹介するどころか、開発しようとさえしなかったかもしれない。クラブの最初の会合に参加したことは「私にとって発見の瞬間だった」と、Wozniak氏は回想している。それはテクノロジの世界を完全に変えるきっかけとなった瞬間だった。

スティーブ・ウォズニアック氏動画

Steve Wozniak: ‘A Lot of Things Wrong’ With Jobs Movie

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です