コンコルドの誤謬?2020年までに再び空へ飛び立たせるプロジェクトが進行中

コンコルドの誤謬?2020年までに再び空へ飛び立たせるプロジェクトが進行中
コンコルドの誤謬?2020年までに再び空へ飛び立たせるプロジェクトが進行中

LONDON AND PARIS CONCORDE PROJECTS

元コンコルドの関係者らからなるClub Concorde(クラブ・コンコルド)は、コンコルドの復活に向けたプロジェクトを推し進めています。かつての機長や熱烈なファンを中心とする同クラブは現時点で保存されているコンコルドの実機を購入して再生し、再び飛べる状態にまで仕上げることを計画している。

超音速旅客機のコンコルド

コンコルド(Concorde)は、イギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機(SST; supersonic transport)であった。2003年に全機が退役した。

wikipedia – コンコルド

コンコルドの商業的失敗

量産16機(これ以外に原型機が4機)のみが行われたに過ぎず、商業的には失敗に終わった。開発当時は「250機で採算ラインに乗る」ともいわれたが、採算ラインに乗ることはなく1976年11月2日に製造中止が決定された。

コンコルドは超音速飛行時は熱膨張で20cm全長が伸びる

マッハ2を超えた場合、機内側の窓も継続的に触るのが困難なほど加熱される為窓が小さい
高温になるためハガキ大の窓

音速飛行時は機首先端の温度が120度程になる上、マッハ2を超えた場合胴体は91度になる。さらに熱による機体の膨張により、20cmほど全長が伸びる。 また、客席はエコノミークラス程度のピッチのものが横4列に並び、合計100席が設けられていた。なお機体と窓の熱膨張率が異なるため、前述の高温から窓を大きくできず、その実効面積ははがき程度の大きさである。マッハ2を超えた場合、機内側の窓も継続的に触るのが困難なほど加熱された

コンコルドのラストフライト動画-Concorde’s Final Day – Oct 24th 2003

離陸時には5度、機首が下方に折れ曲がるドループ・ノーズの様子は15:03

着陸時に12.5度折れ曲がる様子は45:27

コンコルド唯一の墜落事故動画-

Air France Concorde flight 4590 takes off with fire: Concorde crash that killed 113

https://youtu.be/9MIhd4hVOeE

初飛行1969年3月1日から2003年11月26日に退役するまで4590飛行で墜落事故は2000年7月25日の1度

5分前に同じ滑走路を離陸したアメリカのコンチネンタル航空のDC-10から脱落した金属片によるダイヤ破裂による機体損傷でエンジン火災が発生し墜落

Concorde Disaster – Air France Flight 4590 (25 July 2000)

https://youtu.be/XaUK2u4dvKc

 

スポンサー

アマゾンで購入

[amazonjs asin=”456203419X” locale=”JP” title=”コンコルド・プロジェクト―栄光と悲劇の怪鳥を支えた男たち”]

[amazonjs asin=”B00K2T2RQO” locale=”JP” title=”エールフランス AIRFRANCE ミニチュア飛行機コレクション 全6種類フルコンプリートセット 非売品”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です